行事報告

行事報告

出前授業(生活と福祉)

 

令和4年6月15日(水) 専門学校健祥会学園の河野先生、遠藤先生をお招きし、園芸福祉科3年生を対象に車椅子の移動介助と衣服の着脱介助等について学習しました。

  

  

日常の生活では気が付いていないことがたくさんあり、とても勉強になりました。

校内農業鑑定競技会が行われました。

 6月14日(火) 勝浦校体育館にて農業鑑定競技会が実施されました。農業に関する実物を見て、問題に答える競技です。日頃の授業や農業実習で学んだ知識を生かし、生徒たちは一生懸命に取り組んでいました。

  

1年生人形浄瑠璃体験

6月7日(火)1年生を対象に人形浄瑠璃の体験学習(第1回目)を実施しました。

講師に勝浦座の松下さんと片山さんをお招きし、阿波人形浄瑠璃の歴史や人形の動かし方を教わった後、実際に人形1体を3人で持ち,基本的な動かし方を体験しました。さらに、民芸部員による演技を観覧しました。この活動を皮切りに、勝浦町にねざす学校として、今後も郷土芸能の魅力を肌で感じる教育を展開していきます。

令和4年度 徳島県高校総体

6月3日(金)~6日(月)にかけて徳島市ライフル射撃場で行われた,令和4年度徳島県高校総体に3年生7名,2年生4名,1年生5名が出場しました。3年生にとっては最後の総体,全国選手権への切符を手にできるか非常にプレッシャーのかかる大会でした。1年生にとってはデビュー戦で,こちらもかなり緊張したと思います。(BR:ビームライフル AR:エアライフル BP:ビームピストル)

結果は次の通りです。

男子BR団体 第3位

男子BR個人 第6位 八木(21HR),第9位 久保(31HR),11位 椎野(31HR),

      14位 工藤(31HR),19位 青木(21HR),26位 中村(21HR),

      28位 池谷(31HR),55位 黒川(11HR),57位 甫坂(11HR),

      60位 生島(11HR)

男子BP個人 優勝! 八木(21HR)

女子BR団体 第6位

女子BR個人 第6位 熊尾(32HR),第9位 山下(31HR),14位 堂本(31HR),

      33位 齋藤(21HR),36位 井関(12HR),37位 長富(11HR)

男子AR団体 優勝!(2年連続4回目)

男子AR個人 第4位 工藤(31HR),第5位 池谷(31HR),10位 椎野(31HR),

      11位 中村(21HR),14位 八木(21HR),21位 青木(21HR)

女子AR団体 第2位

女子AR個人 第8位 熊尾(32HR),13位 堂本(31HR),14位 山下(31HR)

男子総合 第2位,女子総合 第5位

 

 

なお,男子AR団体,女子AR団体,男子BR個人(八木),男子BP個人(八木),女子BR個人(熊尾),男子AR個人(工藤,椎野),女子AR個人(熊尾)は6月17日(金)~19日(日)に高知県立春野総合運動公園ライフル射撃場で行われる,第21回 四国高等学校ライフル射撃競技選手権大会に出場します。

また,男子AR団体・個人(工藤,池谷),女子BR個人(熊尾)は7月に広島県で行われる全国高校選手権大会にも出場します。

応援ありがとうございました。

令和4年度勝浦塾 自衛隊説明会(3年生対象)

令和4年6月10日(金)4・5限目 昨年度コロナ禍のため実施できなかった勝浦塾を縮小して実施しました。

自衛隊について説明を聴いた後、実際に使用されているジープやバイクに直接触れながら、特徴について説明を受け、有意義な時間を過ごせました。

   

3年生は進路を決める大切な時期です。

貴重なお話を聴かせていただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

四国総体壮行会

 6月7日(火)に四国総体壮行会が行われました。大会までの時間は短いですが、さらに練習を積み重ね、頑張りたいという意気込みが感じられました。ライフル射撃部員の健闘を期待しています。

  

みかん保育園児との交流

 6月3日(金)に2年生草花専攻班の生徒が勝浦町内のみかん保育園を訪問し、サツマイモの植え付けとペチュニア・ヒマワリの定植を行いました。今後も交流を続けていく予定です。

 

 

県総体壮行会

 5月31日(火)に県総体壮行会が実施されました。ライフル射撃部員が音楽にあわせて体育館に入場し、校長先生や生徒代表から激励の言葉をいただきました。ライフル射撃部員代表は、みんなの応援を糧に健闘したいと誓いました。

    

樫原の棚田における農業体験活動(田植え)

 5月29日(土)生徒12名が上勝町にある樫原の棚田を訪問して農業体験活動(田植え)に取り組みました。現地では受入農家の方から樫原の棚田や田植えの方法などについて教えていただき、3枚の水田にイネを植え付けました。「定規」と呼ばれる農具を使っての田植えをとおして、棚田でのお米作りの大変さを学ぶ貴重な経験となりました。